人気ブログランキング |

嘆きの妄想ブログ


beatmaniaIIDXの曲を擬人化して妄想(主にワンモアエキストラ)※管理人は炎龍
by beat27
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ

14地区ワンモア(2/2)



-屋敷から離れた交通量の少ない道-
冥「ちょっと買いすぎましたね・・・重い・・・」
蠍火「確かに買いすぎたわね・・・」
冥「・・・ん?」
蠍「どうしたの?冥」
冥「あの人、どうしたのかなと」

???「困りましたわぁ・・・どうしましょう」

蠍「何か困っているみたいね、話聞いてみる?」
冥「そうですね」


冥「何か困った事がありましたか?」
???「そのぉ・・・道が分からなくて・・・」
冥「そうなのですか、どちらに向かうのですか?」
???「この地図の赤いマークの所なのですが・・・」
蠍「あれ?冥、そこって・・・」
冥「屋敷ですよね?」
???「もしかして住人だったりします?」
冥・蠍「「どうして分かるの(ですか)!?」」
Sense 2007「あらぁ、そうだったの。それじゃあ自己紹介しないといけないわね。私の名前は"Sense 2007"今回のもう一つのワンモアなのよ。Senseでいいわ」
蠍「もう一つのワンモア?」
Sense「そうよ、今回は2つワンモアがあるの」
蠍「そうなの・・・、あ、私は11地区所属の"ピアノ協奏曲第1番"蠍火""蠍って呼んで」
冥「私は12地区所属の"冥"です」
Sense「蠍に冥ね、これからはよろしくですね」
蠍「よろしくね」
冥「よろしくお願いします」

細かい事情などは屋敷でSenseが話したと言うのはまた別のお話
# by beat27 | 2007-04-29 22:06 | 妄想

14地区ワンモア(1/2)



-屋敷の近くのとある場所-
嘆きの樹「暖かい・・・」
???「すみません、ちょっといいですか?」
嘆き「何かしら」
???「この場所はどこか分かりますか?」
嘆き「えっと・・・あら、ここは」
???「知っているのですか?」
嘆き「ええ、私の住んでいる所ですもの」
(少しの沈黙)
???「それじゃあ、貴方は・・・」
嘆き「13地区所属の"嘆きの樹"ですわ、お見知りおきを。そんな貴方は?」
Fascination MAXX「今回のワンモア"Fascination MAXX"です、長いのでFAXXでいいです」
嘆き「わかったわ、話す事もいっぱいあるから歩きながら話しましょ」
FAXX「はい」

その後、屋敷に着いてからはずっと驚き続けるFAXXの姿が
# by beat27 | 2007-04-01 20:34 | 妄想

祝!!14地区



嘆きの樹「無事、新しい地区が公開されたみたいね」
冥「そうですね、確か14地区と思いますが」
ワンモア「すごいすごい!!金色だ!!」
蠍火「また機能が一新されたらしいじゃない」
炎龍「まあ、こちら側(プレイヤー)としては新鮮味があっていいね」
冥「面白そうな曲ばかりですね」
嘆き「それで、新しい曲とかここに来るのかしら?」
蠍「さあね、でも10地区以降のワンモアエキストラがここに来てるからきっと来ると思うの」
炎龍「外では14地区公開初日からみんな情報を出し合ってるから、ワンモアエキストラが何かもう分かっているしね」
冥「そうなのですか!?」
炎龍「まあ、今の段階ではまだまだ不確定要素が多すぎるからそれを言うにはまだ時期尚早かも」
ワンモア「気になるなぁ~」
嘆き「ワンモア、時間が経てばそのときに分かるのだから今は待っているのが一番だと思うわ」
冥「せっかちさんですね」
ワンモア「だって、本当に楽しみでしょうがないもん」
蠍「ねえねえ、新しく迎えた14地区に向けて・・・・・・って言わない?」
ワンモア「いいね!!」
冥「いいですね」
嘆き「ふふ、それは楽しそうですわ」


ワンモア・蠍火・冥・嘆きの樹「「「「14地区の曲のみなさん、ようこそbeatmaniaIIDXへ!!」」」」
# by beat27 | 2007-02-22 17:50 | 妄想

新年のご挨拶




嘆きの樹「あけましておめでとう、みなさん」
冥「あけましておめでとうございます」
蠍火「あけましておめでとう」
ワンモア「あけましておめでとう!!」
炎龍「あけましておめでとう」
嘆き「今年もよい年になるといいわね」
冥「そうですね」
ワンモア「うぅ…初日の出見たかった…」
蠍「残念だったね…」
冥「まあまあ、そんなに落ち込まないで」
炎龍「みんなは初詣に行ったのか?」
嘆き「いいえ、確かまだ行っていないですわ」
冥「それでは、今から行きます?」
ワンモア「何なに!?出かけるの?私も行く~!!」
炎龍「ふふっ、この子は元気だな」
蠍「それじゃあ、準備してくるね」
嘆き「私も準備してくるわ」

おみくじで一喜一憂する一同
# by beat27 | 2007-01-03 17:55 | 妄想

14地区が待ち遠しい人たち




嘆きの樹「新しい仕事はどう?冥」
冥「そうですね…どう言えばいいのでしょうか。何と言うか、疲れますね…」
ワンモア「はうぅ~わたしもものすごく疲れたの~」
蠍火「あら、お疲れね」
ワンモア「でも久しぶりにCS番地のお仕事で楽しいの!!」
冥「さすがに経験者は慣れてますね;」
ワンモア「あははっ、そうでないとすぐに倒れちゃうよ~♪」
炎龍「ん?賑やかだな」
嘆き「CS番地のことですわ」
炎龍「なるほどね…」
蠍「私もその辛さはよく分かるわ…」
嘆き「そうなの?」
蠍「ええ、ただでさえACの仕事が半端無いのにその仕事が倍以上になってくるのよ!!」
ワンモア「嘆きも実感する日がくると思うよ!!」
冥「うぅ…この量は半端無いです…」
嘆き「冥…大丈夫なの?」
蠍「まあ、時間が経てば少しは落ち着くと思うけどね」
炎龍「ふふっ、楽しそうだな」
ワンモア「うん!!だって、この仕事をやっているとね、なんだかいつもより身近に感じられてワクワクするの!!」


冥は倒れたので休憩中
# by beat27 | 2006-12-29 02:55 | 妄想

12地区CS番地の下見前日



嘆きの樹「ちょっと炎龍、いいかしら?」
炎龍「何か?」
嘆き「最近噂になっている12地区のCS番地についてだけど、炎龍なら外の事情も分かるのでしょう?」
炎龍「ああ、まあ外に出る事ができないわけではないからな」
嘆き「何か聞いていることはあるのかしら?」
炎龍「そうだな…まずは、ワンモアが旧曲として収録」
嘆き「へぇ…なら、今度CS番地の総顔合わせのときに冥に一緒に行けば大丈夫ね」
炎龍「確かにそれはそうだな。」
嘆き「ワンモアは好奇心旺盛だからねぇ」
炎龍「それで、⇒がN mix,H mix,A mixと3曲に分かれる事になる」
嘆き「なかなか神も面白い事してくれるのね」
炎龍「ボクもそう思っている」
嘆き「それにしてもワンモアが一緒だなんて…」
炎龍「心配?」
嘆き「ええ」
炎龍「素直だね」
嘆き「ワンモアがかわいいからですわ」
炎龍「確かにね」

佐川祭りまであと1週間ちょっと
# by beat27 | 2006-12-08 00:48 | 妄想

外界の者



今回から、この妄想文の中に管理人の代理キャラとして炎龍(えんりゅう)が入ります

冥「?人…ですね…」
蠍火「あら、こんなところに人なんて珍しいわね」
嘆きの樹「相当疲れているようだわ」
冥「どうしましょう」
嘆き「うちに上げて少しばかり様子を見ましょう」
冥「そうですね」
蠍「それじゃあ運ぶね」


ワンモア「おかえりー!!…ってどうしたの?後ろ」
冥「帰りの道で人間が倒れていまして…」
嘆き「そ、だから布団の準備をお願いするわ」
ワンモア「わかった~」


炎龍「…ん?ここは?」
冥「目が覚めたようですね」
炎龍「貴方は誰?」
冥「私は冥と申します。貴方は?」
炎龍「僕は炎龍だ」
嘆き「あら、目が覚めたみたいね」
炎龍「……」
嘆き「ああ、名前ね。私は嘆きの樹。嘆きって呼べばいいわ」
ワンモア「ワンモアだよ~♪」
蠍「私は蠍火。まあ、蠍って呼んでくれればいいよ」
炎龍「わかった」
嘆き「それにしても、貴方って外の人なのに何故此処にいるのかしら?」
炎龍「外?」
蠍「まあ、所謂別世界って考えてもらえれば早いわね」
炎龍「ああ、そういうことならこちらもきちんと分かっているから大丈夫だ」
嘆き「…そう。じゃあ何故こちらに入ってきたのかしら?」
炎龍「少しでも安らぐ場所が欲しくて…向こうは僕にとって息苦しすぎる」
冥「そうなのですか…」
嘆き「此処が貴方の安らぎになるのなら、此処にいてもいいわ」
ワンモア「私は大歓迎だよ~♪」
蠍「無理してそっちで生きていても精神崩壊をしてしまったら意味が無いわよ」
冥「此処は貴方を拒みませんよ」
炎龍「そうだな…そうさせてもらうよ」
# by beat27 | 2006-11-12 17:50 | 妄想

仕事中...


リンクの「蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみたまとめサイト」を見てみるとそれなりにいいかも。

妄想だらけ。自分設定です。まあ、決まった設定などありませんが。

ワンモア「えへへ、呼ばれたから行って来るね♪」
蠍火「いってらっしゃい」
嘆きの樹「あら?段位の呼び出し?」
蠍「らしいよ」
冥「この呼び出しのときはいつも以上に張り切って出て行くのですね」
嘆き「本当に、私には眩しいくらいですわ…」
蠍「嘆き?」
嘆き「何でも無いですわ」
冥「(何かあるのでしょう…)そう言えば言い忘れていたことがありました。聞いた話なのですが新しい住居区がまたできるとか…」
嘆き「そう」
蠍「へぇ~」
冥「後日、郵便が来るらしいですよ」
嘆き「それは楽しみですわ」
蠍「確かにね」

嘆き「段位の呼び出しだわ」
蠍「選曲されたから行ってくるね」
冥「いってらっしゃい」

ワンモア「ただいまー!!…って冥だけ?」
冥「ええ、お二人とも丁度今さっき出て行きましたよ」
ワンモア「へぇ~…じゃあ、ちょっと忙しくなるかもね」
冥「?」
ワンモア「冥も関係あるよ」
冥「何でしょう?」
ワンモア「今さっき倒されちゃってさ。えへへ」
冥「!!…そ、そうなのですか」
ワンモア「そんなに驚かないでよ」
冥「すみません」
ワンモア「まあいいけどね」
冥「紅茶でも入れてきましょうか?」
ワンモア「そうして」



二人が帰ってきてまた静かなひととき
# by beat27 | 2006-10-16 00:25 | 妄想

実は蠍、冥、嘆きと共用で1台づつPCがあったりするんだよ


リンクにある「蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみたまとめサイト」見ておくといいと思うよ!!

デムパゆんゆんは仕様ですご注意ください


冥「最近は涼しくなりましたね」
蠍火「確かに以前と比べたらだいぶ涼しいわね」
嘆きの樹「この前の暑さはさすがに堪えたわ…」
冥「そうでしたね、嘆きさんでさえも暑いと言うほどでしたからね」
ワンモア「涼しいの大好きー♪」
蠍「でも、これからどんどん寒くなっていくから気をつけないとね」
冥「それは一理ありますね」
嘆き「でも、今、この一瞬を楽しもうと言うような気持ちも大切ですわ」
ワンモア「今が楽しいのが一番でしょ♪」
蠍「まあ、それも言えてるけどね」
嘆き「ふふ、それに冬支度ならもう始めていますわ」
冥「そうだったんですか!?」
ワンモア「うん、嘆きと一緒に買い物に行ったときにそんな事言ってた」
冥「そうだったのですか…」
嘆き「ええ、そうよ」
蠍「思い出した、嘆きに荷物が届いていたよ」
嘆き「あら、何かしら?」
ワンモア「冥ちょっといい?」
冥「何でしょう?」
ワンモア「PC買いたいから付き合ってくれない?」
冥「いいですよ」
蠍「そういえばワンモアってまだ持っていなかったのかな?」
ワンモア「うん、でもやっぱり自分のが欲しいなぁ~って思っちゃって」
冥「でも、ご自身で買われるのなら何故私を?」
ワンモア「配達してもらうのに必要な書類は大体冥が記入しているでしょ?だから」
冥「分かりました。では少しばかり行ってきます」
蠍「いってらっしゃーい。…そういえば嘆きは何を頼んだのかな?」
嘆き「う~ん…もう少し容量必要だったかしら?」
蠍「嘆きいる?」
嘆き「あら、どうしたのかしら?」
蠍「単刀直入に言いますが配達物の中身は何だったのですか?」
嘆き「ああ、それの事ね。今回はちょっとしたソフトですわ」



ワンモアは入念に選び続けています
# by beat27 | 2006-09-23 02:31 | 妄想

みんな大好き


リンクにある「蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみたまとめサイト」に目を通しておくとなんとなく分かりやすいかも

妄想デムパゆんゆんです。それとなりに注意願います


蠍火「ワンモア?こんな時間にどうしたの?」
ワンモア「眠れなくて…」
蠍「……何か悪い夢でも?」
ワンモア「!!」
蠍「…ふうん、そか」
ワンモア「……」(蠍に抱きつく)
蠍「そんなに悪夢だったの?」
ワンモア「だって……蠍や冥や嘆きが私を除け者にする夢…だったもの……
蠍「…それは辛いよね、悲しいよね。でも安心して、私達は貴方の傍から離れないしそんな事にならないわ」
ワンモア:。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!
蠍「泣かないで、貴方が泣いていたら私まで悲しくなるじゃない…」
ワンモア「グスッ…グスッ…そう…だよね、私には笑顔だよね」
蠍「クスン…やっぱりワンモアには笑顔だよ」
ワンモア「蠍も…泣いていたの?」
蠍「クスッ、お互い様ね」
ワンモア「うん、そだね」
蠍「じゃあ、私の部屋で一緒に寝ましょうか」
ワンモア「うん!」

次の日の朝食には普段どおりの姿
# by beat27 | 2006-09-18 01:41 | 妄想


検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧